化粧下地

サイトマップ

フェイスパウダーの役割

化粧下地をし、リキッドファンデーションやクリームファンデーションをした後、
フェイスパウダーを顔全体を覆うように乗せます。

この時、たっぷりとフェイスパウダーを乗せるようにします。

フェイスパウダーは、皮脂や汗を吸着させて、化粧崩れを防ぐ役割があります。

リキッドファンデーションに含まれる、余分な油分や水分も吸着させるので、
顔の上で、パウダーをカチッと固める効果があります。

これにより、化粧崩れを防いでくれて、化粧直しをこまめにしなくてもすみます。

リキッド(クリーム)ファンデーションを塗ったままだと、お肌はツヤツヤしていて、
最近は、このつやつやした肌を好んでしている(フェイスパウダーをしない)人も多いです。

しかし、化粧崩れしやすく、ポイントメイクも乗りにくいので、
お化粧を長持ちさせたい人や、アイメイクなどをしっかりしたい人は、
フェイスパウダーを使用することをオススメします。

フェイスパウダーは多少色がついていますが、顔色をよくするというよりは、
リキッドファンデーションを押さえる(固める)というのが、大きな役割です。

「化粧下地に詳しくなろう!」について

化粧下地が何故必要なのかとその種類を詳しくお伝えします

Copyright © 化粧下地に詳しくなろう!. All rights reserved
3カラム構造