化粧下地

サイトマップ

コンシーラーを選ぶポイント

コンシーラー選びの最大のポイントは、色選びです。

色選びを間違えると、くまやシミ、にきび跡が逆に目立ってしまうので気をつけましょう。

コンシーラーの色は、自分のファンデーションとできるだけ同じ色を選びます。

購入するときは、普段使用しているファンデーションを持っていって選ぶようにします。

同じ色がない場合は、ワントーン落とした色(暗い色)にしたほうがいいです。

クマを隠そうと、ワントーン明るい色のコンシーラーを塗る人が多いですが、これは間違いです。

ハイライトの効果とは違うので、ここで明るいコンシーラーを使ってはいけません。

また、目のまわりはよく動く部分ですので、厚塗りしてしまうと時間が経つと、よれてきてしまいます。

目の下全体に塗るのではなく、クマのラインにだけ、1本線を書くように塗ります。

シミやにきび跡は、コンシーラーを少量のせて、指か小さなブラシでトントンと広げます。

隠す部分の周りをぼかすように広げます。

コンシーラーの種類も、色だけでなく、スティックタイプやクリームタイプなど様々ですが、
カバー力を求める場合は、スティックタイプを選ぶとよいです。

しかし、肌への負担はスティックタイプのほうが大きいので、注意しましょう。

「化粧下地に詳しくなろう!」について

化粧下地が何故必要なのかとその種類を詳しくお伝えします

Copyright © 化粧下地に詳しくなろう!. All rights reserved
3カラム構造